メッシュベルト(ミラネーゼ)の良い点とサイズの調節方法

こんにちは!

 

 

最近、メッシュベルトの時計をしている方を街でよく見掛けるようになりましたね。

 

 

こちらの記事では、人気上昇中のメッシュベルトの良い点と注意点、サイズの調節方法についてご紹介します。

 

 

メッシュベルトとは、小さな金属パーツを網目状につなぎ合わせて作るベルトのことです。

 

 

そのつなぎ合わせた表面の形状から昔は網代(アジロ)のベルトと呼ばれていましたが

 

 

最近ではミラネーゼと呼ばれることも多くなってきています。

 

 

メッシュベルトの優れているところを挙げてみると

 

 

【メッシュベルト(ミラネーゼ)の良い点】

 

・革ベルトよりも耐久性が高い(水による劣化・割れが起きないため、長く愛用できる)

 

・一般的なメタルベルトより細かくサイズ調整が出来る=着用したときのフィット感が良い

 

・クラシックな印象になるため、職場/カジュアルな場所どちらでも使いやすい

 

 

 

薄型でシンプルな北欧デザインの時計と組み合わせるとぐっと大人っぽい雰囲気になりますよ。

 

 

一方で、メッシュベルトの注意する点は以下の2点が挙げられると思います。

 

 

特に取扱いに慣れていない購入直後や、交換されたばかりの頃は座って着用するのをおすすめします。

 

 

【注意する点】

・着用する際に時計が滑って落ちやすい

 

・パーツが細かいので汚れやすい

 

 

尾錠にベルトの剣先を通すレザーバントやバックル式のメタルベルトは腕に装着する前からループ状になっているため、

 

 

手の上に乗せたり、抑えておくことで安定させることが出来ます。

 

 

一方で、メッシュベルトは中留(なかどめ)と呼ばれる12時側のバンドと6時側のバンドを連結する部品で固定するまでは

 

 

一本の線状になっているので、慌てて着けていると「スルッ!!」と手から落ちてしまうことも。

 

 

(私も過去に一度誤って、落としてしまいカーペットの上だったので事なきを得た経験があります。)

 

 

大好きな時計を落としてしまい、傷や故障してしまうのはとてもショックですよね。

 

 

なので、メッシュベルトの時計を着用される際はイスに座って机の上など、万が一落下しても

 

 

時計が壊れないようなところで着用されることをおすすめします。

 

 

そしてもう一つ分かりにくく、お問い合わせいただくことも多いのがサイズの調整方法ですね。

 

 

サイズ調整は、100均などでも販売されている精密マイナスドライバーで行うことが出来ます。

 

 

文字だけでは伝わりにくいので、メッシュベルトのサイズ調節についての動画を作りましたので、

 

 

サイズを調整される際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【メッシュベルトのサイズ調節を動画で解説】

 

フィット感がウリのメッシュベルトですので、ぜひご自身にあったサイズで愛用してあげてくださいね^^

 

 

 

【メッシュベルトのご購入はこちら】

 

楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/tokeiten/mesh-band/

 

ヤフーショッピング:https://store.shopping.yahoo.co.jp/tokeiten/mesh-band.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です